Real-Time SSL Certificate Chain Streaming | WhoisXML API

Real-Time SSL Certificate Chain Streaming

当社で適切に解析したSSL証明書チェーンのデータを貴社のインテリジェンススタックに配信することで、リスクをリアルタイムで評価し、脅威アクターが行動を起こす前に脆弱性を特定できます。

ドメイン名が追加、発見、更新、削除されると、その1時間以内にそのドメイン名のSSL証明書チェーンデータを取得できます。

お申し込み
SSL証明書のストリーミングサービス
3,000万以上のSSL証明書を毎日処理
5億6,500万以上のアクティブドメインを追跡
300,000以上のドメインを毎日更新

SSL証明書とSSL証明書チェーンの絶えざる変更に対応

ビジネス上の問題

SSL証明書の市場は巨大で、その階層構造のために混乱することもあります。SSL証明書は本質的に時間依存であり、1時間ごとに数百以上の証明書が追加されたり失効したりします。ウェブサイトの所有者は、数分のうちにあるプロバイダーから別のプロバイダーに移り、SSL証明書とSSL証明書チェーンを変更することがあります。また、スキルさえあれば、誰でも自分でSSL証明書を作成し、署名することができます。精査されていない証明書は、インターネットユーザーに誤った安心感を与え、ネットワークを中間者攻撃(MitM)やフィッシング攻撃にさらす可能性があります。




データドリブンソリューション

組織のセキュリティチームやソリューションプロバイダーは、広範囲のSSL証明書チェーンデータにリアルタイムでアクセスし、脆弱なSSL証明書と悪用されたSSL証明書の両方を監視することができます。必要不可欠なSSL証明書データを自動配信し、既存のサイバーインテリジェンスを補完することで、自己署名SSL証明書や評判の低い認証局(CA)が発行した証明書を使用しているドメイン名など、疑わしいインターネットプロパティを即座に把握できるようになります。

SSL証明書とSSL証明書チェーンの絶え間ない変更に対応

特長

  • 自動配信

    SSL証明書およびSSL証明書チェーンのデータは、収集後すぐにお客様の環境に自動的に配信されます。

  • リアルタイム

    当社では、毎時以内に新たに追加されたドメイン名、検出されたドメイン名、更新されたドメイン名、失効したドメイン名のSSL証明書データをご提供しています。

  • 網羅性

    当社では毎日3,000万件を超えるSSL証明書を独自のアルゴリズムで処理しています。当社のSSL証明書データは、DNS、IPアドレス、WHOISなどのインターネットインテリジェンスと組み合わせて分析することも可能です。

  • 有意性

    SSL Certificate Chain Streamingでは、全てのSSL証明書に関する50以上の重要なデータポイントを返します。SSL証明書の検査、SSL証明書チェーンの追跡、隠れたレコードや取得が困難なレコードへのアクセスが可能になります。

SSL証明書は当てにならない—SSL証明書チェーンデータの完全な認証と精査は必須です

陳腐化したデータは、インターネットにおける死角を増やし、悪用されやすいSSL証明書などの要素を組織が保護する際の妨げとなります。WhoisXML APIのデータストリーミングエンジンは、DNSにおける一般的な動向とSSL証明書チェーンの変化をリアルタイムで検出し、自動的にユーザーに配信します。

Real-Time SSL Certificate Chain Streaming | WhoisXML API

さらに

以下をクリックすると料金などの詳細情報をご覧になれます。

実践的な活用法

SSL Certificate Chain Data Streamingは、貴社の重要なビジネスプロセスやサイバーセキュリティプロセスをリアルタイムで強化します。

セキュリティプラットフォームの充実

攻撃者はSSL証明書をなりすましの手法として悪用し続けており、それが結果として組織に多額の損害を発生させるデータ侵害につながる可能性があります。ウェブサイトの鍵アイコンを素早く見破り、SSL証明書の情報をリアルタイムで取得することで、自己署名の証明書または怪しい証明書を持つドメイン名を検出し、ブロックすることができます。

アタックサーフェス管理(ASM)

期限切れのSSL証明書は脆弱性となる場合があるため、ASMソリューションではこれを検出し、予見できなければなりません。当社のSSL Certificate Chain Data StreamingではSSL証明書の有効期限も追跡しており、貴社のASMを強力にサポートします。

フィッシングの検出

脅威アクターはフィッシング攻撃において、人々のSSL証明書に対する依存を利用するなど、さまざまなテクニックを使用しています。WhoisXML APIのSSL Certificate Chain Data Streamingでは、フィッシング検出ツールがリアルタイムで鍵アイコンの背後に回り込み、SSL証明書の有効性、真正性、安全性などの重要な情報を即座に調査します。

マネージドセキュリティオペレーション

セキュリティ運用管理において、データアクセスが24時間遅延すると大きなコストがかかります。SOCがSSL証明書チェーンデータを取得する頃には、攻撃者がすでにSSL証明書チェーンを変更または悪用している可能性があり、その場合クライアントネットワークへの侵入を許すことにつながります。当社のSSL Certificate Chain Data Streamingはそのタイムギャップを埋め、不審なSSL証明書チェーンとドメイン名のリアルタイム検出を可能にします。

ブランドの保護

脅威アクターは、正規の企業に発行されたSSL証明書を取得してブランドになりすますことができます。当社のSSL Certificate Chain Data Streamingは、ブランドの侵害やなりすまし、悪意あるキャンペーンやコミュニケーションが発生する前に、SSL証明書の悪用の兆候をリアルタイムで検出します。

サードパーティリスクマネジメント(TPRM)

企業は、他組織のSSL証明書の悪用を含むさまざまなサードパーティリスクに常にさらされています。TPRMチームやTPRMソリューションは、ベンダー、サプライヤーなどのサードパーティのSSL証明書の情報をリアルタイムで取得することで、サードパーティの脆弱性とリスクを迅速に検出して軽減することができます。

関連資料

当社の全てのSSL証明書チェーンデータサービスを網羅したプロダクトシートもご用意しています。

プロダクトシート