SSL Certificate Chain Database | WhoisXML API

SSL Certificates Chain
Database

当社のSSL Certificate Chain Databaseでは、ドメイン名のSSL証明書チェーン内にある全てのSSL証明書に関する最新データをご提供することで、矛盾や設定ミスの発見をお手伝いします。データは解析済みで有意性が高く、処理、分析、ソリューションとの統合が簡単です。

お申し込み
SSL Certificates Database

SSL Certificate Chain Databaseでご提供する情報:

  • 監査日

    当社のサーバーがSSL証明書チェーン情報を収集した日付。

  • ドメイン名

    SSL証明書およびSSL証明書チェーンが属しているドメイン名。

  • IPアドレス

    SSL接続の確立に使用されたIPアドレス。

  • ポート

    SSL接続が確立されたポート。

  • SSL証明書チェーンの情報

    特定のドメイン名に属している全てのSSL証明書をそのタイプ(サーバー、中間CAまたはルート)に従ってソートしたもの。

  • SSL証明書データ

    各SSL証明書に関して入手可能な各種の情報。SSL証明書チェーンの階層、認証期間、シリアル番号、署名アルゴリズム、サブジェクトおよび発行者の情報、PEMエンコードされた生のSSL証明書データ、公開鍵など(詳細は、出力形式 でご確認ください)。

SSL Certificates Database|WhoisXML API

SSL Certificate Chain Databaseは、お客様のデータアクセス要件に合わせて設定できます。

価格やその他の詳細につきましてはプロダクトシートでご確認いただけます。お問い合わせはこちら

データベースを注文

SSL Certificate Chain Databaseの特長

  • 最新の情報

    ドメイン名の最新のSSL証明書にアクセスできます。

  • 一貫したデータ

    当社のSSL証明書チェーンの検索結果は適切に解析されています。既存のSIEM(セキュリティ情報・イベント管理)、SOAR(セキュリティー管理・自動化・対応)、SOC(セキュリティオペレーションセンター)および脅威インテリジェンスプラットフォームへの統合も簡単です。

  • 使いやすい

    最新のSSL証明書チェーンのデータベースをJSON形式でダウンロードいただけます。

  • 柔軟なご利用プラン

    お客様のニーズに合ったサブスクリプションプランをお選びいただけます。

実践的な活用法

SSL証明書とSSL証明書チェーンを監視し、ドメイン名またはサブドメインの乗っ取りを示唆する改ざんの兆候がないか確認してください。

SSL証明書とSSL証明書チェーンに関するデータを使って、信頼できるドメイン名とそうでないドメイン名を見極めることができます。

MitM攻撃やtyposquatting攻撃にしばしば悪用される自己署名SSL証明書を使用したドメイン名は避けましょう。

SSL証明書の有効期限が迫っている、またはすでに有効期限が切れているドメイン名をチェックすることで、アタックサーフェス管理を強化できます。

ドメイン名の所有者はよく変更されますが、SSL証明書とSSL証明書チェーンの変更は常に把握しておきましょう。